京都市内でインプラント可能な歯科医を探しました。

もともと前歯をスキーで折って以来、差し歯だったのですが、根元が膿みやすく、とうとうインプラントをすることになりました。
体質のせいなのか、どうも疲れがたまってくると膿みもたまってしまい、普段通っている歯医者さんから「これはインプラントも検討した方がいい」と勧められていたのです。
結局、ネットで京都市内インプラントをしてくれる病院を検索。
何件かありましたが、新聞でもよく広告がはいっている桂にある歯科医にしました。
インプラントの実績数もかなり多く、料金は平均的、なにより通勤途中に寄りやすいロケーションだったのが自分にとってはポイントが高かったのです。
インプラントはどうしても高額なので安い所も探したものの、それでも一本当たり30万円くらいはしました。
平均は50万円くらいといったところでしょうか。
どのみちそれなりの高額がかかりますし、かなりの手術を伴うので信頼できそうなところかどうか、判断するのも大変でした。
自分が決めた桂の歯医者さんは、説明も丁寧で、自分の場合はインプラントも可能だがブリッジでもいけることなどを教えてくれました。
結局インプラントを自分で選択し、時間をかけてゆっくりと歯根を定着させていく方法をとることとしました。
始めてから一年半。
直後に三陸の大震災があり、材料不足などもが重なったため普段よりも時間がかかったのですが、希望した通り安定した(定着できた)のを確認してから次の作業にとりかかってもらえ、満足のいく仕上がりとなりました。
差し歯がとれることを心配する必要がなくなり、20年ぶりくらいで前歯で物を噛みきることができるようになりました!途中、どうしても手術で顔が腫れることなどもありますが、乗り越えて良かったと思っています!