難波地区でインプラント治療

インプラントという言葉を医療現場で使う時は、体に埋め込む何らかの器具のことを指してインプラントと通常は表現しています。
インプラントの使い方としては、リュウマチで変形した骨を正常の位置に戻す際に使用する矯正用のボルトをインプラントといいますし、骨折したり、骨にひびが入った時に骨に埋め込むボルトもインプラントです。
歯科医院でインプラントとは、何らかの理由で失った永久歯の代わりに、顎の骨に埋め込むチタン製の歯根のことを指します。
正式にはデンタルインプラントといいますが、通常インプラントと言うと、歯科医院で治療するデンタルインプラントを指す場合がほとんどでしょう。
デンタルインプラントは、永久歯がなくなってしまったところの顎の骨に穴を開けて、大抵はチタン製のインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を取りつける治療です。
難波地区にはインプラント治療で経験豊富な歯科医が多く、安心して治療を受けることができるでしょう。