虫歯が怖くて焦ってインプラントを受ける

私はインプラント手術を受けるまで何度も迷ってしまった為に、危うく手遅れになってしまうところでした。
骨にボルトを埋めるという手術方法が少し怖かったのですが、
人間は追い詰められると怖いと思う気持ちなんて直ぐに吹っ飛んでしまうものです。
私が焦った理由とは虫歯の事で、私はずっと前から虫歯に悩まされており、
このまま虫歯で削れてしまった歯を放置するぐらいならインプラントを受けようかと思ったのです。
しかし当時の私は時間的余裕が無かったという事もあれば、
インプラントに少し怖いイメージを持っていたので戸惑っていたのです。
そんな私がインプラントを決意する事になったのはテレビのニュースがきっかけでした。
その時に見たニュースは、虫歯を理由にインプラントを受ける場合は、
アゴの骨まで虫歯が浸食していない内にしないといけないというものでした。
私の虫歯はアゴの骨まで浸食してしまっている可能性もあったので、
急いで歯科医に行って虫歯の様子を見てもらったところ大丈夫な様で安心しました。
インプラントを受けるには心配無いと神戸のインプラント治療院で診断してもらえたので、
また虫歯になってしまって、今度こそアゴの骨に虫歯が浸食してしまう前にインプラント手術を受ける事にしたのです。
インプラント手術が終わってから思ったのは、もしあのままインプラントを受けないまま、
虫歯が進行してしまったら一生差し歯をつけたままの生活だったのだろうなという事です。
インプラントの噛み合わせの良さを体感すると本当にそう思います。