インプラントの価格が安い理由

インプラントの価格は、クリニックによってもさまざまだ、という話をしました。
では、なぜクリニックによって差が出てしまうのでしょうか?

まず、インプラントの治療ですが、健康保健の対象外です。
自由診療と呼ばれています。
そのため、治療費は実費で支払う必要があるのです。
健康保健の対象になる場合は、費用が点数によって計算されるのですが、自由診療の場合は点数という概念がありません。
そのため、費用はクリニックが決めることが出来るようになっているんです。

無料カウンセリングを活用して、色々なクリニックに足を運んで、インプラントの治療にかかる費用を確認すると良いという話もしましたね。
安い費用で、インプラントの治療を受けることが出来ると分かれば、そのクリニックで治療を受けようかな?
と考えると思います。
しかし、即決をするのはやめましょう。
なぜ安いのか?という点を調べてほしいからです。
インプラント自体の価格が安い、という理由が考えられるケースがあります。
安いということは、数年経ってきたら使い物にならないのではないか?という点を考える必要があります。
インプラント自体には寿命があります。
大体15年ほどと言われています。
しかし、安いインプラントの場合、15年持つかどうかが心配です。
そこでインプラントの保障についても、確認をしておいてほしいです。
インプラント自体に、例えば5年といったように、保障がついている場合があるんです。
クリニックによっても変わってくるのですが、保障期間内であれば無償で交換をすることが出来るという制度を設けているケースがあります。
もしインプラントの治療の費用が安い場合、その保障がついていないということも考えられます。
そのため、なぜ安いのか?という点を確認をして、保障がついているインプラントや、そのほか対応がスムーズなクリニックを選ぶようにしましょう。
1年以内に、インプラントの調子が悪くなっていないか?といった点からも確認をすると良いですよ。